50日で妊娠できたわたしの妊活術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしは32歳になってから妊活をはじめました。

30歳をすぎると卵子が老化すると言われますが、50日で妊娠することができました。

「早いね!!」って周りから驚かれます。

妊娠しやすい体質ではないと思います。(じゃないと妊活しなくても妊娠していたわけですし)妊活するようになっていろいろ振り返ると、妊娠を意識してから、からだにいい生活をするようになっていました。

50日で妊娠できた、わたしの日常生活をご紹介します。

妊活の基本

妊活のキソは「健康」だと思っています。妊娠って、こどもをお腹のなかで育てることですよね。そのこどもを育てる元気がないのに、こどもは授からないと思ってます。

からだの栄養が不足していて、フラフラしたりするようだと、からだはこどもを授かりたがらない。こころが不健康でいっつもつらい気持ちでいると、まだ、こどもを育てる余裕がないって「からだ」が思い込むから、こどもを授かりたがらない。

からだとこころの健康があるから、安心して妊娠しよう、ってからだは思ってくれます。

こんなことを言うと、そんなことわかってるって言われそうですよね。不快におもった方がいたらごめんなさい。でも、これが、わたしが思った本質的な部分です。

妊活しているときって、あれもやらないといけない、これもやらないといけない、って自分にプレッシャーをかけてしまって、すっごくつらいんです。

つねに何かに追われている気持ち。

でも、そんな気持ちで本当にこどもを育てられるのかな?つらい状況だったとしても、こころの余裕をもてるだけの人じゃないと、こどもが生まれたらたくさんの困難に直面するけど、こんなことでこころがギスギスしてていいの?っていつも自分に言い聞かせていました。

わたしも、こころのコントロールができない方なんです。だから、こんなことを自分にいい聞かせながら、できる限りこころのコントロールをするようにしていました。

もちろん何度もネガティブな気持ちになりながら頑張ってコントロールしようと努力しました。でも、どうしてもできないときは、「妊娠できなかったら仕方がない」って逃げることもしました。

ちょっと説教臭くなりましたが、これが、わたしが考える妊活の基本です。

妊活中の運動

わたしは運動していた方だと思います。 朝おきたら腕立てと腹筋を10回づつを3セット。わたし腕立てできないので膝をついた状態で腕立てしています。あと、お休みの日はかならず運動。フットサル、マラソン、ヨガ。これのどれかはかならずやってました。日によっては10キロマラソン出たあとにフットサルとか行ってましたwww

かならず毎週これをやらないといけないというルールは決めてなくて、フットサル、マラソン、ヨガの中からそのときにやりたいものをいくようにしてました。

フットサルはエンジョイのチームに入ってたので、みんな仲良くて和気あいあいやっていたので、ストレス解消にもいいです。もやもやした気持ちも友達といると、すっと心が軽くなるんです。

妊活中の食事

妊活中のわたしの朝食はこれ。

食事は旦那と一緒のもの。わたしはこんなにたくさん食べないですが、メニューは同じものを食べてました。量としては、これの半分くらいです。

健康をかんがえて栄養バランスはしっかりとるようにしていました。主食は玄米。食物繊維とビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。白米よりも栄養が多いのと、血糖値をあげないので、からだにいいということで選びました。

あとはタンパク質は意識的にとるようにしていました。それは、炭水化物と脂質はなにもしなくてもたくさん食べてることが多いから。簡単にすまそうとすると、パスタやそば、うどんなど、炭水化物がおおい食事になるし、間食でチョコレートとかスイーツとか食べることがあるので脂質も食べてる。でも、

タンパク質は意外ととれてないんです。

だから、たまごやお魚、お肉は意識的にとるようにしました。たまごは完全栄養食なのでタンパク質とその他の栄養もたくさん入ってます。お魚はタンパク質だけじゃなく、DHA・EPAなどからだに脂質がたくさん。お肉はタンパク質が多い胸肉。

昼食はこれ

毎日このお弁当を食べていました。

鶏胸肉とほうれん草とレタス、トマトのサラダ、ゆで卵。その下に玄米が敷き詰められています。

それにチーズ。
これも旦那と同じお弁当です。胸肉の味付けは変えてました。照り焼き、トマト、ポン酢、塩、とかかな。同じ味付けだと飽きてしまうので毎回かえてました。

玄米って歯ごたえが強いので、白米のほうが美味しいですし、外食で食べたほうが美味しい料理はたくさん食べられます。でも、栄養バランスを考えてこれを食べていました。これのほうが経済的ですしね。 食事をとるときは、5大栄養素はしっかりとるようにしていました。からだをつくる上で大切な栄養素です。

どれか一つではなく、全体的にとらないといけないんです。自分がしっかりたべなければ、こどもに栄養をわけてあげられないじゃないですか。だから、しっかり蓄えてました。

5大栄養素とは?

人間の身体になくてはならない栄養素のうち、特に重要なものと位置づけられている「炭水化物・たんぱく質・脂質」を『三大栄養素』と呼んでいます。
三大栄養素に比べ身体に必要とされる量が少ないという違いがありますが、「ビタミン・ミネラル」のふたつを加えたものを『五大栄養素』と呼びます。
また第六の栄養素として「食物繊維」や「水」を加える考え方もあります。
なお「栄養素」とは、食べ物の中に含まれているさまざまな物質のうち人間の身体に必要不可欠な成分のことをいいます。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-013.html

夕飯はわりと自由。

お家で食べることもあれば、外食することもありました。朝昼でしっかり栄養とっているので、夜は好きなものたべようって気持ちでしたね。だから、ラーメンや焼き肉とかのときもありました。ただ、ファストフードだけは食べたなかった。添加物の心配もあるし、胃がもたれてしまうので。あと、食べる時間は気をつけてました。あまりに遅い時間だと朝ごはんが食べられないので、寝る3時間くらい前はなるべく食事はしないようにしてました。

妊活中はからだを温める

からだを冷やすと妊娠しにくいときいていたので、からだは冷やさないように注意していました。

朝起きたら白湯飲む。

からだの内側から温まる。腸の働きがよくなるので、基礎代謝が上がる。すごく手軽にからだをあたためてくれます。

コーヒーもからだを冷やすので飲みすぎないようにしてました。ただ、コーヒーは好きなので一杯だけカフェオレを飲むのは許してました。コーヒーだけじゃなくカフェインはからだを冷やします。なのでカフェインはとらないようようにしてました。お茶を飲むときもは、カフェインの入っていないルイボスティーに切り替えました。カフェインは我慢できたんですけど、

お酒はやめられなかったです。

お酒は週に2,3日くらい飲んでたんですが、これはやめられなかったです。それでもすぐに妊娠できたので、お酒の影響は少ないように思います。お医者さんも同じようなことを言っています。ただ、影響がまったくないわけではないようです。

自然な受精において、体内にアルコールが蓄積されたせいで妊娠できないというリスクは低い、ともいう一方で、体外受精においてアルコールの接種率により治療成績にマイナスの影響を及ぼすとする研究結果*もあるとのことで、適量を楽しむことが大切といえそうです。

https://beergirl.net/health01-2/

お酒とほどよくつき合う

のであれば大丈夫なんだと思います。

わたしは週2,3日のペースで3,4杯くらい飲んでいました。友人や旦那とたのしく飲んでいたのでいいリフレッシュになってました。人により飲める量は違うと思います。飲んでて楽しいなって思える量を飲むようにしましょう。

他に、からだを温めるために気をつけていたことは、

  • 腹巻きやホットパンツを履いて子宮を冷やさない。
  • スニーカーを履いて足を冷やさない。
  • オフィスではひざ掛けをかける
  • 冬は手袋とマフラーで露出を減らす

露出があるとからだが冷えてしまうので、露出は避ける。

とくに3つの首は冷やさないようにしてました。

足首はスニーカーですこし暖かめの靴下。手首は手袋。首はマフラーで防寒。もちろん夏はやってないですよww 

あとは温かいお風呂にはかならず入ってました。42度のお湯で5〜10分。むねくらいまで浸かるようにしてました。からだの内側からぽかぽか温まるし、よく寝れるんですよね。

サプリで栄養補給

わたしが飲んでいたサプリがこちらです。ビタミンC、ビタミンB郡、ビタミンEのビタミン系。鉄分補給を目的にした美めぐり習慣。マカ、スクワレン、クリアクネの目的に合わせたサプリ。あとは、いびきを改善させるためのいぶきの実。

合計8種類!!!

これも毎日すべて飲んでたわけではないです(;・∀・)ビタミン系をベースに、体調をみて飲むサプリを選んでました。

鉄分が不足していたら美めぐり習慣。元気がでないときはマカ。運動する前はスクワレン。肌荒れしてたらクリアクネ。

一番はじめに試したサプリがスクワレンだったんです。それを飲んでから、からだが疲れにくくなりました。いまでもずーっと飲んでます。サプリって飲んでも意味ないって、きいていたので試したことなかったんですが、「効果ある♡」って考えがかわって、いつの間にかサプリマニアになっていました。

おすすめはビタミンCとビタミンB郡、ビタミンE。薬学博士にこれらの栄養はサプリでしっかり摂ったほうがいいっていわれてから飲むようにしてます。肌ツヤがよくなった気がするし、風邪をひかなくなりました。

なかなか妊娠できないと悩んでいる方向けの葉酸サプリがあります。

不妊の原因は女性だけでなく、男性にもあるのをご存知でしたか?男性の精子を元気にさせるのは葉酸なんです。葉酸は神経をつくるときにサポートをする成分です。また、DNAの欠損も防いでくれます。精子の質を高める効果があるんです。

わたしがおすすめする葉酸サプリ

妊活中の睡眠

しっかり寝ると翌日は元気がでますよね。だから睡眠にもこだわってました。11時には寝るようにしてましたし、どんな遅くても12時には寝る。寝るまえ1時間はテレビ、スマホは見ない。(アラームセットはOK)スマホを見ていると、ブルーライトで目が覚めますし、自律神経がみだれる気がするんですよね。とくに布団の中でのスマホ。どきどきしてきて、興奮して眠気がすーって消えていく。だから、やらないように意識しました。

あと、仕事の休憩中も、さっと食事を済ませて少しでもお昼寝タイムをとるようにしていました。家事、仕事と忙しくしていると、自分でも気づかないうちに疲れていることってあるじゃないですか。

休めるときは休む。

これも大切なのかなって思います。

まとめ

わたしが妊活してから50日間おこなっていたことを紹介しました。人により体質はあると思いますので、これでかならず妊娠できるわけではないです。でも、少なくても、

健康的になりました。

妊活を初めてよかったのは、こどもを授かれたことだけじゃないです。からだが元気になって、こころも健康になったことです。よく眠れると気持ちも明るくなりますし、前向きになります。無駄な時間が減って充実した時間が増えたような気がします。これから妊活をするひと、妊活中のひとに少しでもお役に立てたらうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*