冷えしょうに劇的に効果がある蒸し生姜でからだを温める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
温活・妊活・冷え性解消サイトポカナビの素材「生姜」
漢方薬のおおよそ70パーセントに生薬として使用されている生姜。その効果は数えきれないほど。よく知られているのものだと、からだを温める効果。「風邪をひいたら生姜湯」を飲んでいた人もいると思います。おばあちゃんの知恵ですね。でも、生姜のパワーを100パーセント発揮できていなかったらもったいないですよね。実はおばあちゃんの知恵である生姜湯、これも生姜の効果を最大限に発揮する飲みかたではなかったんです。生姜のパワーを最大限に発揮させるためには、ひと手間かける必要があるんです。しかも、発揮できないどころか、逆にからだを冷やしてしまうおそれもあるようです。冷えしょうをよくするために、生姜のコツをお伝えします。

生姜の効果

生姜はからだをあたためてくれます。わが家でも細かく刻んでスープに入れたり、炒めものに入れたり、万能な薬味として役に立っています。とくに冬は毎日のように生姜を食べています。そんな生姜は生薬として漢方薬にも使用されています。冷えを解消したり、腸の働きを促したり、抗酸化効果があったりと多方面で活躍してくれます。

生姜の効果はたくさんあります。アンチエイジング、むくみ改善、代謝アップ、便秘改善、血液サラサラ、免疫力を高める、口臭を予防する、美容効果、ダイエット効果、認知症の予防。こんなにたくさん効果があるんです。

日本で販売している漢方薬の

約70%

に生姜は使われています!

紀元前から医薬品として使われていただけありますよね・・・日本の歴史よりも生姜の歴史のほうが長いんですね。恐るべし・・・・

生姜を蒸すことの効果

長いこと愛されてきた生姜ですが、蒸すと効果が高まるということを知っていましたか?お恥ずかしい話、わたしはつい最近知りました。何やら成分の量が変わるらしいんです。

生姜を蒸して乾燥させることで、からだに有効な成分の増えます。おもに、ジンゲロールとショウガオールが増えるんです。

ジンゲロールは、血のめぐりをよくしてくれます。ショウガオールは糖質や脂質を熱エネルギーにかえてくれます。

ショウガオールが熱をつくり、

ジンゲロールが循環させる。

それぞれ役割が違います。お互いに助け合いながら、効果を最大限に高めてくれます。とくに冬は、寒いので体温がどんどん奪われます。生姜を食べていれば、ショウガオールが熱をつくり出してくれます。なので暖かさが持続されるんです。ショウガオールとジンゲロールともに代謝を促進しますのでダイエットにも効果的ですよ。

生姜の効果に詳しい石原先生のお言葉です。

しょうがは低カロリーで、食物繊維が豊富!しょうがの食物繊維が小腸での糖分や脂肪の吸収を抑えて、辛味成分であるジンゲロールが血行をよくし代謝をアップさせるので、しょうがはダイエットに欠かせません!食物繊維は腸内細菌のエサになり腸内環境を整え便通をよくするので、便秘の解消にも◎!さらに噛みごたえがあるので、噛むことによって脳の満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを抑えられ、ダイエットにオススメです。

https://www.iwashita.co.jp/fun/shoga_oshiete.html
糖の吸収をおさえ、腸内環境をととのえ、代謝を良くしてくれる、生姜はダイエットに欠かせない食材なんですね!

乾燥させると効果が高まるだけじゃないんです!!

生姜の賞味期限

通常1ヶ月くらいでカビが生えたり、シワシワってなったりします。生姜をあまり使わないお宅では、余って捨ててしまう経験もあるんではないでしょうか。

こんな生姜みたことないですか?

カビが生えたところをとれば食べられるんですが、気分はよくないですよね。でも蒸して乾燥させると長期保存も可能になります。状態にもよりますが、

1年くらい

はもつと思います。

乾燥させるとこんな状態になります。↓

これをミルがあればミルで、なければ、すり鉢で砕いてすりつぶします。すり潰すと粉末状になります。粗さはお好みですが、これくらいまで細かくなっていたらとっても使い勝手がよくなります。

蒸し器やオーブンを使って、家でも簡単につくれます。粉末にすることで、紅茶に入れて飲んだり、料理に入れて使ったりと、生姜をお手軽に日々の生活で摂取することができます。

いろんな料理や飲み物に入れられますよ。お味噌汁やココア、ミネストローネ、炒めものなど、本当に万能なのでおすすめです。

生の生姜はショウガオールが少ない!!

生の生姜はショウガオールが少ないです。冷えしょうを気にされているのであれば、ショウガオールはたくさんとりたいところですよね。薬味なのですりおろして使って臭みをとったり、殺菌したりと、いろいろな用途があります。ですが、冷えしょうを治すことが目的であれば、蒸して乾燥させましょう!

生のままだと、逆にからだを冷やすという話をきいたこともあります。血のめぐりがよくなって、熱が奪われやすくなるからだとか。なので、熱があり、解熱をしないといけない場合には効果的ですが、そうでなければやめましょう!生姜の持つ力を最大限に発揮し、温活効果を上げるには、十分ではありません。

熱を加えることで約10倍にショウガオールの量が増える

熱を加えると生姜の中の成分が変化し、ショウガオールを生み出してくれます。

その量、なんと、10倍。

これがパワーアップの理由です。

ジンゲロールは100℃以下で加熱すると、ショウガオールに変化するという特性があります。乾燥させるとさらに、ショウガオールの量が増えて10倍になるそうです。

蒸し生姜の作り方

生姜を蒸すと量が約1/10になります。

なので、100gの生姜で作ると、10gの蒸し乾燥生姜が出来上がります。

しょうがの下準備と保存

①生姜は皮付きのまま、たわしなどでよごれを落として使います。

野菜全般に言えることですが、しょうがの有効成分は革のすぐ舌にあるので、

皮はむかず、汚れた部分だけ、汚れを落とします。

②生姜を1mmの厚さにスライスします。

③クッキングシートに生姜を並べ、80℃のオーブンで加熱します。

生姜の厚さなどにより時間がことなりますので、色と硬さで判断します。

色が茶色に色づき、干からびた感じになったら完成です。

だいたい1時間程度です。

④オーブンから生姜を取り出し、冷やします。

⑤天日干しで丸一日乾燥させます。

※室内で乾燥させる場合は1週間くらいが目安です。

⑥約3ヶ月くらい常温で保存することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

蒸し生姜の効果を説明してきましたが、シンゲロール、ショウガオールの効果はそれぞれ違います。その効果を最大限に発揮するため、蒸して干すという工程が必要です。

ひと手間かかりますが、冷えに悩んでいる方はぜひ、一度試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*