妊活ブログ14日目|ふくらはぎを温めると生理痛が軽くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます、みっちです。

妊活14日目です。

やっぱり今日は生理が来ちゃったみたいです。。。生理の日にちが周期日通りはすごくいいことだけれど、今月こそは!!とちょっとだけ期待したこともあり少し凹みます。

というより、気持ちが落ち着かず、イライラします。

旦那は旦那で、仕方ないよっていうけど、なんかそれも、イラッとしてしまう。

旦那は優しさで言ってくれてるんですが、本気で妊活する気あるって思っちゃてる自分の器の小さが本当に嫌になる。

人のせいするより、いい部分をみた方が幸せだし、そもそも、まだ始めたばかりだから、前向きに妊活と向き合っていきます!

あーでもやっぱり生理痛は嫌だなw

ずーんと重いし、動きたくない。

なぜか体温は下がらず、高温期の体温をキープしてます。本来なら体温下がる低温期のはずなのに私のホルモンバランスはどうなってるんだろう。

生理痛を軽くする方法

生理が来てから2〜3日は体が症状が続く生理痛ですが、本当にこの時期は憂鬱な気分になりますよね。生理痛の症状には、腹痛、肩こり、むくみ、吐き気、イライラ、のぼせ、眠気などがありますが、どれも、仕事とか日常を過ごす上で、支障がでてきてしますものです。男性にはわからない感覚ですよね。

ちなみに私は、1日目と2日目に腹痛と腰痛があり、耐えられない時は鎮痛薬飲んでます。

この症状が少しでも軽くなればって思ったことないでしょうか?

いろいろ調べたら、生理痛が軽くなる方法が出てきたので紹介します。

生理痛軽減のカギは、ふくらはぎをを温めること

お腹まわりから下半身を温めると血流がよくなるので、生理痛がひどい場合は、しっかりと温めましょう。おすすめなのは、腹巻きとひざ掛け。

ふくらはぎを温めることが重要

でも実は、ふくらはぎを温めることが一番重要なポイントです。

ふくらはぎは体の端っこということもあり、寒さに鈍い部分なので、冷えていることに気づきにくい部分なんですが、実は太ももよりも、ふくらはぎの方が冷えやすいんです。

血管が外側を通っているらしく、熱が逃げやすく、血液が冷やされやすいとのこと。冷やされた血液がお腹に入ってきたときに子宮や体全体を冷やしてしまいます。

とくに、冬にスカートとか履いてると、ふくらはぎがどんどん冷やされますので注意が必要です。

一日の終わり、しっかりとお風呂にはいり、体の芯から温めて上げることで、冷えをリセットできるので、必ずお風呂に入るようにしましょう。

ふくらはぎが冷えて筋肉が硬くなると、血流が悪くなります。つま先立ち運動などを取り入れて、ふくらはぎの筋肉を意識的に使うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*