冷え性撃退!!温活アイテムの選び方で大切な4つのポイント!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性を悩ます冷え。
夏も大変ですが、冬は手足が本当につらい。
外に出ると手袋をしているのにも関わらず、冷たいを通り越して痛い。
もこもこ靴下を履いてても、芯からキーンっと冷たい。
家の中ではエアコンをかけても、顔だけは温かいんだけど、
体の末端は全然温まらない。
こんなときありますよね。
お腹を冷やさないように、腹巻きを履いたり、
手足を温めるために、手袋したり、何重にも靴下を履いたり、
いろいろやるんですが、それでも辛い。
体質が変われば、少しでも症状が軽くなれば、どんだけいいんだろうと。
根本から冷え性を解消してくれる温活アイテムにたくさん手を出したことで、
いい商品と悪い商品が見えてきました。
そんな私が、温活アイテムを選ぶポイントをお伝えします。

温活アイテムを選ぶ上で大切なポイント

「悩む仕草」温活・妊活・冷え性解消サイトポカナビの素材

温活アイテムを選ぶ上で大切なポイントは4つあります。
根本から治してくれること、原材料、オールインワン、飲みやすさの4つです。
温活の効果に最も影響を与えるのが原材料。
続けられるように、飲み続けやすいことも大切です。
その他に、冷えに対する効果や安全性も見逃せません。
それらを詳しく説明していきます。

根本から治してくれること|温活で大切なポイント1

冷え性を解消するためには、体質を根本から治す必要があります。

冷えを起こす根本の原因は、血液が体の隅々まで循環していないことです。

血液が不足していたり、血液の流れが良くなかったりすることで、血液を体の隅々まで循環させることができず、冷えに繋がります。

血液不足は鉄不足で起こる

血液を作るには、鉄分の補給が大切です。

鉄分が不足すると、血液が作れなくなり、血液を体の隅々まで循環させることができなくなってしまいます。

それは、血液のなかのヘモグロビンが鉄分でできていることに関係しています。

摂取した鉄分の70%はヘモグロビンを作ることに使われるますが、ヘモグロビンはほとんどが鉄でできています。

鉄が不足すると、ヘモグロビンができなくなり、血液も作れなくなってしまいます。

なので、鉄分が不足していると、血液が作れず、冷えに悩まされることになります。

血液の流れが悪いと、温かい血液を全身に巡らせられない

運動不足、食生活、ストレスなど、自律神経の乱れや、筋肉不足などで、

血液の流れが悪くなっていると、温かい血液を末端まで十分に届けることができません。

心臓から出るときが血液が一番暖かいのですが、温かい血液が、手先、足先まで届かず、

冷えたままになり、冷えに悩まされることになります。

自律神経が乱れると、余計に冷える?

私たちが意識することなく、生きて行けているのは、自律神経が心臓を動かしたたり、

寒いと血管を収縮したり、消化活動をしたり、生きるための活動をしてくれているからです。

ですが、ストレスなどにより、自律神経が乱れると、その働きが正常に機能しなくなります。

人の体は、血管を拡張、縮小することで、体温のコントロールをしています。

血管の収縮、拡張をコントロールしているのも自律神経ですが、本来の動きができず、

体温コントロールが上手くいかず、体を冷やしているということもあります。

鉄分と血行促進、そして、ストレスが無いように過ごすことが大切

冷え性に最も関係のある成分は鉄分ですので、不足している場合はしっかりとりましょう。

また、血行を促進してくれる成分も大切です。

この2つが冷え性を根本から治してくれる成分です。

根本から直さないと、いくら温かい格好をしても、冷え性は治りません。

これらを含む商品を積極的に選ぶようにしましょう。

原材料へのこだわり|温活で大切なポイント2

原材料は何を使っているかしっかり確認しましょう。

特におすすめなのは、漢方、アーユルベーダなど、西洋医学以外の、

昔からある医療用として使われていた原材料を使用している商品です。

西洋医学的には、冷えというのは、病気とは関係があると考えられていないようですが、

漢方では、冷えは万病の元と考えられています。

なので、体を冷やさないような成分が漢方薬には含まれています。

漢方薬の多くに生姜が含まれているのは、このような考えがあるからです。

生姜をはじめ、クチナシ、ハッカ、高麗人参、ヒハツ、など、昔から医療用として使用されてきた原材料を使用しているものを選ぶといいと思います。

生姜と一口に言っても、いろいろな種類があります。

種類によっては、温め成分が数倍も異なることもあります。

原材料を厳選している商品だとより、効果が見込めると思います。

オールインワン|温活で大切なポイント3

冷えを治してくれるサプリやドリンクはたくさんありますが、

ただ、冷えを治してくれるだけよりは、美容や健康によい成分が含まれている商品を選ぶようにしましょう。

人の体は複雑です。

何か一つの成分を豊富に含まれていても、健康を保つことはできませんし、

そもそも冷えを治すこともできないのです。

炭水化物、脂肪などを取ると、熱エネルギーに変わっていきますが、

その熱エネルギーを生み出すためには、ビタミン、ミネラルなど、様々な栄養が必要になってくるんです。

そして、その熱が体を温め、血液にのって全身を温めてくる。

冷たい血液が全身を巡ると、体を温めることができず、冷え性へとつながっていきます。

オールインワン効果のある成分がある商品を選ぶようにするとよいと思います。

飲みやすさ|温活で大切なポイント4

続ける上で美味しさはすごく大切です。

効果を毎回感じるのであれば、美味しくなくてもモチベーションを保てるかもしれませんが、

なかなかそうではない商品が多いです。

そのためには、無理なく続けられるために、美味しくある方がよいです。

続けるのって意外と大変であることが多いです。

まとめ

温活アイテムを選ぶ上で、成分にこだわりがあることが大前提に、

美容、健康に効く成分が含まれていた方が、結果、冷えを解消してくれます。

また、血液が冷えを解消するために重要な要素です。

根本から治すために、血液を作る鉄分を含み、血流を良くしてくれる成分が含まれている商品を選びましょう。

アルポカバナー6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*