冷えを根本から治すアルポカのヒートスムージーのこだわり成分を詳しく説明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冷え

アルポカのヒートスムージーは冷え症を根本から治すということを聞いたけど、

他の商品と何が違うのかわかりません。

成分へのこだわりがすごいらしいのですが、漠然としていて、よくわからないですよね。。。

なので、アルポカのヒートスムージーの成分について調べてみました。

すると、4つのすごい成分が含まれていることがわかりました。

その前に冷え症の根本的な原因から説明します。

冷え症の原因は自律神経の乱れ

冷え症の最大の原因は、自律神経の乱れと言われています。

それは、自律神経が体温の調節を行っているからです。

でも、実際に自律神経が体を温めたりしているのではなく、

自律神経はあくまでコントロールする側。

実際に体を温めてくれるのは血液です。

自律神経が血液の流れをコントロールすることで体の体温を調節しています。

血液の熱が奪われることで体が冷える

alpoca(アルポカ)

人の体は血液の熱が奪われることで体が冷えてしまいます。

冷え切ってしまうと大変なので、一定の体温を保つように、

自律神経で血管のコントロールをします。

寒いときは、血管を収縮させて、熱が奪われるのを防ぎます。

※暑いときは血管を広げて熱を発散するようにします。

でも自律神経が乱れてしまうと、このコントロールがうまくできず、

寒いのに血管が拡張してしまい、熱を奪われてしまいます。

これが冷えの原因です。

冷え症改善のカギは血液

体温を適温に保っているのは、自律神経がコントロールしている、血液のおかげなんです。

アルポカはここに着目した商品です。

主に血液の量と血液の流れ。

これを改善することで、冷え症を根本から治します。

血液を作る成分

アルポカには血液を作る成分が豊富に含まれています。

冷え症の方は貧血気味の方が多いと言われていますが、

体を温める血液がないと、体は冷える一方です。

その血液の多くは、鉄分から出来ています。

鉄分とは?

人体に必要なミネラルで、成人の体には3〜5g存在しています。

そのうち、70%はヘモグロビンに存在し、残りは脊髄、筋肉、肝臓に貯蔵されます。

エネルギー代謝でも鉄分は関係しているので、体が熱を生み出すときにも、鉄が必要になります。

鉄分が不足すると?

ヘモグロビンが作れなくなってしまい、血液が足りなくなってしまいます。

血液が足りないと体の体温を保持しにくくなるので、体が冷えます。

また、代謝が正常に行われなくなり、熱を生み出せなくなります。

熱が生み出せないと体が冷えてしまします。

鉄分が足りないと、血液不足、エネルギー不足で体の冷えを生み出します。

アルポカのヒートスムージーに含まれる鉄分

アルポカのヒートスムージー1本には2mgもの鉄分が含まれています。

その量はプルーン15個分。

一日に必要な鉄分の量は6gと言われているので、

1/3もの鉄分を摂取することができます。

血流を促進する成分

alpoca(アルポカ)

アルポカのヒートスムージーには4つの血流促進成分が含まれています。

金時生姜、ヒハツ、ヘスペリジン、高麗にんじん。

それぞれ、体を温める効果が非常に高い成分です。

金時生姜

日本の風土、水、土壌で確立された品種です。我が国独自の品種で、その栽培方法は他の生姜と大きく異なります。繰り返し同じ土壌で栽培するとその品質が低下してしまうため、一度使用した畑は約7年間栽培できません。それだけ、大地の栄養素を吸収しているとも言われています。一般の生姜と比べてかなり小さく、香りと辛味が大変強いことが特徴です。これは香りの成分ガラノラクトン、辛味の成分ショーガオール、シンゲロールを多く含むからです。金時生姜を種として育つ「矢生姜(はじかみ)」。その特徴は鮮明な赤。きれいな赤色が料理に彩を加えます。

  

参照元:http://shougaya.com/original.html

アルポカに含まれているのは、金時生姜です。

金時生姜にはガラノラクトン、ショーガオール、シンゲロールが豊富に含まれています。

ガラノラクトン

ガラノラクトンは体温の低下を抑え、血管拡張作用があります。

他の生姜には含まれておらず、金時生姜特有の成分です。

アルポカにはたくさん含まれているようです。

ヒハツ

ヒハツ

「ヒハツ」は、別名「ロングペッパー・ナガコショウ・ピパーツ・ヒバーチ・ピパーズ」と呼ばれ、東南アジアに生息する「コショウ科蔓(つる)性・木質植物」。円筒状多肉質の「果穂」を乾燥させたものは、「胡椒(ブラックペッパー)」とは異なる風味の「香辛料」として親しまれています。

「ヒハツエキス」は、この「ヒハツ」の「果穂」を熱水で抽出後に乾燥させたものです。

アルポカのヒートスムージーにヒハツが含まれている理由

世界3大伝統医学とされているインドのアーユルヴェーダにおいて、最もよく使われる薬草の一つ。ヒハツは体を温める効果があり、体の芯から身体を温めてくれます。

その秘密はヒハツに含まれる、ピペリンという成分。

体中に巡っている血管を広げ、血流を促進してくれる効果があります。

血液の流れがよくなることで、体を温め、冷えを解消してくれます。

ピペリンの他の効果もすごい!!

ピペリンは昔から、肩こり、冷え症、風邪、筋肉萎縮、リュウマチ、打撲、などの生薬として使用されてきました。

冷え性を根本から治すだけでなく、こんなにもたくさんの効果があったんです。

ヘスペリジン

ペスペリジン

柑橘系の果物の皮や白いスジに多く含まれており、体中を巡っている血管を広げ、血流を促進してくれる作用があります。金時生姜、ヒハツと同様に体を温めてくれる効果があります。

ポリフェノールの一種で、抗酸化作用もあり、生活習慣病の予防にも効果があります。

アルポカのヒートスムージーにへスペリジンが含まれている理由

alpoca(アルポカ)

アルポカのヒートスムージーに含まれているヘスペリジンは、温め効果がすごいんです。

これを見てください。

ヘスペリジンの効果

ヘスペリジンの効果

サーモグラフィーでその効果が証明されています。

下がヘスペリジンを摂取した人です。

青が冷たさ、赤が暖かさを表しています。

30分経っても暖かさが保たれています。

体の内側から温めてくれるから、効果が長続きするんです。

高麗人参

高麗人蔘は、土壌づくりから種まき、収穫に至るまで6年近い歳月が必要で、非常に手間隙がかかる植物です。しかも、一度収穫した後は、その土地で10年は育たないと言われるほど、養分を吸い付くします。それだけ、実にたくさんの栄養を溜め込みます。

アルポカのヒートスムージーに高麗人参が含まれている理由

高麗人参には、毛細血管の拡張作用があります。

毛細血管が拡張することで、血の巡りがよくなり、体の隅々にまで、血液を運んでくれます。

心臓から運び出される血液の量も増えることで、体の内側から温めてくれます。また、骨髄細胞を活性化させるため造血作用が働き、不足しがちな血液を作るのをサポートしてくれます。

まとめ

alpoca(アルポカ)

アルポカのヒートスムージーに含まれる、有効成分を紹介しました。

血液を作るのに必要な鉄分の補給。高麗人参の骨髄細胞の活性化で造血をサポート。など、不足しがちな血液を作ってくれます。

貧血気味の女性には、うれしい成分がたくさん含まれています。

また、血の巡りを良くしてくれる成分も3種類含まれていました。金時生姜、ヒハツ、高麗人参。血管、毛細血管を拡張することで、滞っている血液を、全身に巡るようにしてくれます。

心臓からの運び出される血液の量が増えるので、体の内側から体を温めてくれます。

どの成分も、非常に高価な成分で、アルポカの効果の高さにうなずけます。

そんなアルポカですが、今は在庫を切らしているので、予約販売中ですが、12月中旬から順次発送予定です。

こちらのサイトで購入できますので、ぜひお試しください。

温活サポートアイテム【アルポカ】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*