スムージーに要注意!!からだを冷やすスムージーは健康によくない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スムージー

美容と健康のためにスムージーを飲んでいるかたが多いようです。一口にスムージーと言っても種類はたくさん。

スムージ、グリーンスムージ、レッドスムージー、ホットスムージー、ヒートスムージー。

どんなスムージーを飲んでいますか?あまーい果物が盛りだくさんのスムージー、粉末のスムージー、緑黄色野菜をたっぷりのスムージー。

美容意識が高くみえるので、憧れて飲んでいるかた、ダイエットのために飲んでいるかた、ビタミン・ミネラルをとるために飲んでいるかた。

いろいろあると思います。スムージーは不足しがちなビタミン・ミネラルを手軽に、そして、大量にとれます。

だから健康にいいんです。ただ。注意してくだい。

知識がない状態で飲んでいる人は、知らぬ間にからだ悪い飲みかたをしているかもしれません。

スムージーを飲んでいるかたに注意してもらえるように、スムージーのメリット、デメリットをまとめました。

スムージーを飲んでいたり、興味がある方向けの記事です。飲む前に注意点をしっかり把握してください。

スムージーは健康によい!

注意が必要なスムージーですが、やっぱり、からだにはいいです。それは栄養素に秘密があります。 スムージーに含まれるメインの栄養がビタミン・ミネラル、食物繊維。3大栄養素をのぞいた、6大栄養素なんです。

からだを機能させるのに必要な6つの大事な栄養素がたくさんはいっているんです。

すこしむずかしいですが、それぞれこのような役割があります。

三大(五大・六大)栄養素(さんだい(ごだい・ろくだい)えいようそ)

食物中に含まれる身体に必須の成分のうち、炭水化物・たんぱく質・脂質の総称。五大ではビタミンとミネラルがこれに加わり、六大では食物繊維もしくは水が加わる。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-013.html

ビタミンについて

水溶性ビタミンは血液などの体液に溶け込んでいて、余分なものは尿として排出されます。このため体内の量が多くなり過ぎることはあまりないと考えられています。体内のさまざまな代謝に必要な酵素の働きを補っています。ビタミンB群(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)、ビタミンCが水溶性ビタミンに当たります。
一方、脂溶性ビタミンは文字通り水に溶けない性質があり、主に脂肪組織や肝臓に貯蔵されます。身体の機能を正常に保つ働きをしていますが、摂りすぎると過剰症を起こすことがあります。ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがこの脂溶性ビタミンに当たります。
ビタミンは体内でほとんど作ることができないため、食品から摂取する必要があります。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-027.html

ミネラルについて

ミネラルは体内で合成できないため食物として摂る必要があります。不足した場合は欠乏症やさまざまな不調が発生します

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-035.html

食物繊維について

食物繊維は、便通を整えて便秘を防ぐうえで欠かせないものです。また、脂質・糖・ナトリウムなどを吸着して身体の外に排出する働きがあるため、これらを摂り過ぎることによって引き起こされる肥満や脂質異常症(高脂血症)・糖尿病・高血圧など生活習慣病の予防・改善にも効果が期待できます。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-016.html
簡単にいうと、体内でつくることができない栄養素で、からだの働きをよくするために必要なんです。腸をきれいにしたり、からだをつくるサポートをしたり、代謝をうながしたり。ダイエット効果や肌のターンオーバーのサポート、免疫力を高まる、など。からだを元気に保つのを助けてくれます。

他にもたくさんよい点はあります!

ヘルシーで胃腸やからだへの負担が少ない

ミキサーでドロドロにするので、かむ必要がありません。胃腸でそのまま吸収してくれるので負担がすくないです。

小松菜やほうれん草など、糖質がすくない緑黄色野菜を選ぶのがポイント。

糖質が多い、野菜・果物は一気に吸収されるとからだへ負担がかかります。食べたあと眠くなったことありませんか?あれも糖質の吸収が関わっています。果物だけでなく、緑黄色野菜もしっかり混ぜてあげるといいですよ。

手軽に栄養を補給できる

野菜を摂取するのって意外と手間ですよね。

レタスとかほうれん草とかも洗うだけなんですが、お皿に盛り付けると結構な量になります。

それを、ドレッシンかけてたべるのですが、添加物がたくさん含まれていますし、結構洗ったりするのが手間。

スムージーは食事で摂るのが面倒な、栄養を補う飲み物として役立ちます。

酵素をうまく摂れる

酵素って人間の体の中で作れるもので、人の体を動かすのを支えています。

その一つが消化酵素で、食べ物を消化するときに活用します。

酵素は一生涯で作れる酵素の量が決まっているので、食事をを通して摂取することで、節約することができるんです。

生の野菜には酵素が入っていますので、スムージーを飲むことで酵素をうまく取り入れることができ、

消化酵素を節約することで寿命が伸び、病気を防ぐ事ができるのです。

ただ、50度前後の熱が加えられると失活してしまうので、生で無ければ摂取することが出来ません。

スムージーは健康によくない?

ここまで読むとスムージーは、健康によい気がしますよね?

でも、今アメリカでは、スムージーは体に良くないという意見が浸透してきています。

ノースカロライナ大学栄養学の名誉教授ポプキン博士は、スムージーは、清涼飲料水に続き、新たなリスクになると話しています。

体を冷やす

スムージーって野菜や果物を使用しますが、冷蔵庫で冷やしてないですか?

寝起きに冷たいスムージーを飲むと、体を冷やし、健康を害します。

血の巡りが悪化し、その結果、全身に熱や栄養が行き渡らず、末端の冷えや代謝の低下を招きます。

冷えは万病の元と言われますが、病気だけでなく、美容や健康やダイエットにも良くないんです。

お腹をこわす

スムージーは噛まずに、ごくごくと飲むことができるので、咀嚼が必要ないです。

体な準備ができないまま、胃に食物が流れ込むので、消化不良が起きて、お腹を壊してしまいます。

お通じが良くなっているのも、実は、これが原因であるとも言われています。

症状が重い人だと、お腹が痛くなったり、胃もたれする人もいます。

便秘を招く

スムージーは液体状になっているので、腸の蠕動運動も必要としなくなります。

腸も筋肉の動きで、肛門へ食べ物を送っていきますが、その力が弱っていき、便秘などになりやすくなることもあるそうです。

肥満体型へ

飲みやすいスムージーばかり飲んでいると果物中心のスムージーになっていることが多く、素材の大半が

柑橘類やバナナ、キウイフルーツなどの果物です。小松菜などの野菜の比重は全体量のなかではあまり多くありません。飲む方の目的が“野菜不足”だとしたら、実はその目的はあまり果たせてないです。

しかも、これらの果物にはたくさんの糖質が含まれています。

余った糖質は中性脂肪に変わってしまい、太ってしまいます。

精神が不安定になる

赤ちゃんがおっぱいを吸うのは、栄養をもらうほかに、やすらぎを求めているからです。

咀嚼するということにも同じような役割があります。 また、あごの運動が筋肉の刺激となって脳に伝わって、脳の働きを活性化してくれます。 「情緒が安定」して、「脳の活性化」にも役立つ。噛むことには、意外な効能があります。 スムージーは噛む必要がないので、心を乱し、脳の衰えにつながることがあります。  

飲み方に注意

スムージーには健康に良い点と悪い点がありました。 スムージーは体を冷やし、不健康へ導く可能性がありますが、 一方で、摂取しにくい栄養を手軽にとることができます。 果物だけとかではなく、普段の食事とプラスでスムージーを飲むという飲み方をおすすめします。

栄養の偏りに注意をして、体をひやさないように飲むということが大切です。

新発売のヒートスムージーで寒い冬を乗り切る

体を冷やすと、免疫力が落ち、風邪をひいたり、思わぬ病気にかかったりします。

また、体が温まると、代謝が上がり、ダイエット効果や美肌効果があります。

寒い冬は女性にとっては、つらい季節です。

新発想のヒートスムージーは、体を芯から温めてくれる新しいスムージーで、

今すごく注目されているようです。

スムージーを続けながら健康になるなら、ヒートスムージーはとってもおすすめのアイテムです。

こちらのページなら、120日間の返金保証があるらしく、安心して試せます。

alpoca(アルポカ)

アルポカのヒートスムージーの詳細はこちら。

インスタで話題のアルポカの温活調味料で基礎体温を1℃あげる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*