お腹の冷えで体調をセルフチェック!冷えてる場所で不調な場所がわかります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お腹全体

お腹冷えてませんか?

お腹の冷えは体の不調に繋がります。お腹が冷えていると、お肌や生理痛、肩こりなど、体全体に悪影響を及ぼします。お腹と言っても「みぞおち」「横腹」「下腹部」など広いですよね。冷えている場所を診断すると、今どんな病気にかかっているのか、もしくは、かかりやすいのかを知ることができます。お腹を触って自分の体調をセルフチェックしましょう!

お腹はとても大切な部分

お肌の調子が悪く、化粧のノリが悪くいので外に出るのが憂鬱。生理痛が重いから寝起きに布団から出るのがしんどい、など、体調不良を感じる方もいると思います。それって実はお腹の冷えが原因かもしれません。

お腹には体内の免疫細胞の約6割が集中していると言われています。お腹を温めると、免疫細胞が活性化されて、白血球の働きが高まります。そのことで体のバリア機能が高まり、病気にかかりにくくなります。それだけ、お腹ってすごく大切な場所なんです。

さらに、基礎代謝の割合が高い腹部を温めると体全体が温まるんです。最新の情報だと、基礎代謝の6割、7割は内臓で行われているらしいですよ。肝臓と心臓だけでも約30%の熱を作り出してるらしいので、その影響力は大きいことがわかります。

基礎代謝の50%以上は内臓で行われる

お腹にある内臓は、実はたくさんの熱を作り出してくれてるんです。

咀嚼されたり、消化された食べ物が、胃や腸に流れていきますが、これを運んでくれるのは煽動運動と呼ばれる、胃や腸の筋肉の収縮の働きによるもの。

普段、筋トレなどで鍛えることができない内臓筋と呼ばれる筋肉です。

消化のサポートする働きがありますが、筋肉が動くことにより、熱エネルギーを発します。そのことで、人の体は温まり、ホルモン、細胞などが活性化し、日常を過ごすことができるんです。

熱を作ってくれる内臓とその割合

基礎代謝の割合が厚生労働省が発表しているe-ヘルスネットに上がっていたので紹介します。

e-ヘルスネット 

筋トレをしても基礎代謝は高まらない??

全体の基礎代謝を100としたとき、骨格筋は22%。骨格筋は普段体を動かす時に使用する筋肉で、トレーニングなどで鍛えることができます。筋肉をつけると基礎代謝が高まり、冷え性が改善されたり、痩せやすくなるという話もありますが、実は、22%が23%に上がったところでそれほど大きな影響がないというのが事実なんです。

ただ、加齢により筋肉量が落ちてくると、骨格筋の基礎代謝が著しく落ちてきます。この場合は基礎代謝が年齢を重ねるごとに落ちてくるので、しっかりと現状の筋肉量を維持しないと、体の不調に繋がりますので注意してください。

20歳以降の筋肉量の変化率のデータです。

筋肉量の変化率
年齢と筋肉の萎縮、衰えについて 青木賢樹

全体の筋肉量は60歳を超えるとぐんぐんと落ちていきます。下半身は20歳を過ぎてから一定のスピードで衰えていることがわかりますね。60歳の頃には20%の筋肉量に変化しています。人の体の中で最も筋肉量が多いのは太ももの筋肉ですので、ここの筋肉量が減ることで、基礎代謝は減ってしまいます。

基礎代謝を維持するために筋トレは大切ですが、大きく基礎代謝を高める効果はありませんので過度な期待はしないようにしましょう。

基礎代謝で大切なのは内臓

注目は肝臓。肝臓だけでも21%と非常に高い割合ですね。肝臓の働きはそれだけ大きいということです。糖質をグリコーゲンとして貯蔵し、不足してくると、ブドウ糖を作る役割があったり、アルコールや毒素を解毒してくれる肝臓はとても働きものなんですね。

心臓や腎臓も10%近い割合もあるので、代謝が割合が高いということがわかります。

その他の中には、皮膚が5%含まれているようです。内臓以外でも体を温めてくれているんですが、内臓の割合は非常に高いですよね。

お腹の冷えをセルフチェック

そんな基礎代謝を行う上で大切な内臓ですが、ここが冷えていると、体を機能させる上で不具合が起こってきてしまいます。どこが冷えているのかを自宅で簡単に調べる方法があるんです。それが、お腹を触るという方法です。

内臓が冷えていると、体に様々な体調不良をもたらしますが、どこが冷えているのかを知ることで、どのような病気にかかりやすいか知ることができます。

内臓に最も近い、触れることができるところがお腹ですよね。通常熱エネルギーは外側に逃げるようになっていますので、お腹がポカポカと温まっているのが通常な状態なんです。ですが冷えていると、冷たく感じることがあります。なので、ご自身のお腹を触って自分の体調をしりましょう。

やり方はとっても簡単です。

  • 朝起きたタイミングで触る
  • 脇に手を入れて手を温めてから、お腹を触る

活動時間に触っても、活動代謝で体が熱を生み出しているので、活動量が多い部分は温まります。なので、朝起きたばかりのタイミングにお腹を触る。

脇の温度がだいたいの体の体温ですので、脇の下に手をいれ、ある程度体温と近い温度にしてから、触ることで、体温よりも冷えてしまっている箇所がわかります。

基本的にこの2つだけ気にしてもらえたら大丈夫です。

それでは、それぞれどこを触ったらいいのか説明していきます。

お腹全体が冷たい

手のひらをお腹に当てて、全体が冷たいと内臓型の冷え性です。

このタイプの人は体温が低い傾向にあり、免疫力や代謝も低下してます。

全体的に筋肉がなく、太りやすい体質であることが多いです。

冷え性なのかをチェックする方法

冷え性の疑いがある方は、朝起きたタイミングで耳をおってみましょう。異常な痛みを感じたら重度な冷え性である可能性が高いです。 冷えで血流循環が悪くなり、毛細血管の末端まで血液が通っていない状態です。

みぞおちが冷たい

お腹の他の部分よりみぞおちが冷たい方は、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍のおそれがあります。この辺りには、胃や十二指腸などがありますが、血行が悪いため、代謝や免疫が弱まり、病気にかかりやすい状態です。

右の肋骨あたりが冷たい

右の肋骨辺りが、他のお腹と比べて冷たければ、肝臓への血流が悪いかもしれません。肝炎や脂肪肝などの肝臓に関わる病気にかかりやすい状況です。

へそから下が冷たい

へそから上は温かく、へそから下が冷たい人は下半身が冷えている状態で、動機や息苦しさ、のどの詰まり、顔が赤くなりやすかったり、イライラ、不安、不眠などの症状が出やすい可能性があります。

また、へそより下に収まっている子宮や卵巣への血行が悪く、生理不順なども起こしやすいです。

ポチャポチャと音がする

みぞおちらへんから、ポチャポチャと水の音がする方は胃の中に余分な胃液が溜まっている可能性があります。これは水分の摂りすぎによって起こる症状なので、胃だけでなく、体全体で水が溜まってしまっていると思います。

下痢や鼻水、くしゃみ、むくみ、湿疹などの症状がでやすい状況です。

へその下を押すと痛い

へその斜め左下3〜4cmのところを押すと痛がる場合は、瘀血の状態である可能性があります。健康な状態は頭寒足熱の反対の状態である、頭熱足寒が長く続くと、血行が悪くなり、瘀血になり、体に悪い影響を及ぼします。

瘀血の症状

  • 頭痛、頭が重く感じやすい
  • めまいやのぼせやすい
  • 肩こりがある
  • しみや色素沈着
  • あざができやすい
  • 腰痛がある
  • 口が乾きやすい
  • 更年期障害
  • お腹が膨れている感じがある
  • 生理困難、生理不順
  • しもやけができやすい

これらの症状がでやすいので、注意が必要です。

まとめ

お腹にはたくさんの内臓がありますが、人によって冷えている場所が違い、冷えている場所で不調の症状が違うんです。朝一番、自分のお腹を触ってみて、自分の体調をセルフチェックしてみましょう。

該当するお腹の冷えポイントがあった方は、お腹を温活で体を温めるようにしましょう。体を温めるには生姜がとってもよいです。

こちらにおすすめの生姜のサプリ、生姜ドリンクをまとめていますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

温活中の女性必見!生姜サプリ・生姜ドリンク10種類を徹底比較!女性の悩みを解決してくれる生姜パワーがすごい!

参考文献

参考:お腹を温めれば病気にならない 著:医学博士 石原結實

石原結實

1948年長崎市生まれ。先祖は種子島藩の御殿医。
長崎大学医学部卒業、同大学院博士課程修了。
コーカサス地方の長寿村やスイスの自然療院で自然療法を研究。 
ヒポクラティック・サナトリウム所長を務める傍ら、東京のイシハラクリニックで漢方処方を中心とした治療を行う。
これまで、生姜紅茶・ニンジンジュース・少食・身体温めなど、独自の健康法を「おもいッきりテレビ」はじめ各メディアで発信。
著書はベストセラー『生姜力』『食べない健康法』など300冊超。 
米国、ロシア、ドイツ、フランス、中国、韓国、台湾、タイなどで合計100冊以上が、翻訳出版されている。

http://www.h-sanatorium.com/dr.ishihara.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*